製品情報

ホーム > 製品情報 > 雷探知警報器 > 雷探知警報器【NTD-3111】

雷探知警報器【NTD-3111】

発雷探知警報器NTD-3111(THUNDER DETECTOR)は、センサ部の設置場所から40km圏内で発生する雷放電を伴う雷や雷放電を伴わない雷(生成雷)を探知し、本体部に設定した警報レベル以上になると警報(アラーム)を発します。
おもに通信設備や遊戯施設での保全的運用等で、雷から施設や人体の回避運用または行動を助けるために用います。

雷探知警報器【NTD-3111】
特徴
  • 探知能力が40kmと広範囲にわたります。
  • 雷放電、落雷がなくても、電荷を伴った雲を検出し、稲妻、雷鳴などが発生する前から雷警報を発することができます。
  • 警報レベルは地形の状況に合わせて任意に設定できます。
  • 検出部の計量積分値をソフトで処理しているため、検出誤差が無く高精度です。
  • 警報接点出力・プリンタインターフェース・PC通信インターフェースを備え、外部拡張性に優れています。
  • 従来のものに比べ、軽量・コンパクトです。(当社比)
ラインナップ
センサー部\型番 NTD-3111
型式 NTD-301AT ※単体での販売はしておりません
雷探知距離 約40km
アンテナ 直径 500mm 2枚
入力変換器 積分時定数0.5秒、保護避雷器960V
ケーブル 高周波同軸ケーブル
ポール 長さ3000mm、直径89mm
本体部\型番 NTD-3111
型式 NTD-311B ※単体での販売はしておりません
電荷検出感度 10・20・50・100mVの4段階切り換え
計量方式 定値積分値の累積計量
警報発生レベル 1.5・2.0・2.5・3.0の4段階切り換え
表示 液晶16文字・2行及び3色LED表示
ハードウェア仕様
外部出力端子
セントロニクスコネクタ(36Pハーフピッチ)、RS-232C(9P D-sub)、外部警報出力(4極 クランプ端子台)
ケーブル長
本体-センサー部間同軸ケーブル:約100m
電源
AC100V、50/60Hz LR6 単3アルカリ乾電池(停電時バックアップ)
最大消費電力
待機時 7W以下 最大 10W以下
外形寸法
約 220 mm(W)×44 mm(H)×304 mm(D)※ケーブル・突起部除く
質量
本体部:約2.0kg(電源ケーブル含む、停電バックアップ用乾電池除く) センサー部:約12kg(支線ワイヤーセットと同軸ケーブルを除く)
動作時環境
温度0℃~+40℃ 湿度20~80%(結露なきこと)
RoHS指令準拠
準拠
本体付属品
電源ケーブル×1、ユーザーズマニュアル×1、単3形アルカリ乾電池×4
センサー部付属品
センサー部セット:アース線(IV線、約8.0m)、アース棒(約0.9m)、同軸ケーブル(5D2E線、約100m)、支線ワイヤーセット(3本)、入力変換器、自己融着テープ)
ギャラリー
カタログダウンロード

このページの先頭へ